世田谷シーク

MENU

32歳 私独自のスキンケアと年齢肌

スキンケア化粧品は、エイジングケアをうたっているものを使う。
洗顔後や、入浴後などは、すぐにスキンケアを開始して、肌に水分を閉じ込めておくよう努力する。

 

最近、ほうれい線や、眉間の小じわが気になります。

 

肌の弾力も、20代の頃のような、内側からはじけるようなふっくら感がなくなり、押すとしぼむような、残念な弾力感しか残っていません。

 

きっとこれが、年齢肌なんだなぁと、日々実感し、考えるたびに気持ちが下がってしまいます。

 

小じわやほうれい線が気になるので、メイクも少ししっかりめにして、隠したりしています。

 

しかし、メイクを厚くするのって、肌には負担がかかっていると思い、これでは、悪循環かも…。

 

と思い始めてきました。

 

今までは、肌を乾燥させないように、スキンケアにも気を遣ってきましたが、乾燥対策だけではなく、リフトアップとか、ハリを与えるとか、シワを目立たなくするとか、根本的にスキンケア化粧品を見直してみないといけないのかなぁと感じています。

 

なにかひとつだけ対策するのではなく、多方面から全力で肌の悩みを解決しないといけないのが、年齢肌の大変なところですね。

 

でも、しっかり改善して、年齢を感じさせないような肌づくりをしたいです!

忙しい日々が続くとオールインワンが便利

オールインワンスキンケア化粧品は、忙しい日々が続いていた時に、使ったことがあります。

 

特に、時間との勝負となる朝に、化粧水を塗って、保湿して、美容液をつけて…なんていうステップを省けるので、重宝していました。

 

しかし、手間が省けるのはとても良く、時短にもなったのですが、日中に、肌の乾燥やごわつきが気になることが多々ありました。

 

化粧ノリも、イマイチ良くなく、メイク直しの回数が増えてしまったような覚えがあります。

 

肌のコンディション的には、あまり万全と言えなかったので、忙しい時期が落ち着いたのを境に、また元のスキンケアに戻してしまいました。全体的に、標準というか、オールラウンドになんでもカバーしてくれる、というイメージです。

 

なので、ピンポイントで、ここの部分は良く乾燥するから、ここをしっかりめに、という対策には向いていないのかな、と思いました。

 

手間が省ける!ラク!時短!という大きなメリットはありますが、肌のことを考えると、しっかり手順を踏んで、肌のコンディションに合わせたスキンケアの方が良いのかな、と感じます。

夜用オールインワンという選択肢

世田谷自然食品の夜用オールインワン「シーク」は、睡眠前のオールインワンとのこと。

 

今まであまり、夜のオールインワンを検討したことがなかったので、興味を惹かれました。日中に受けた、紫外線や乾燥などの肌ダメージを、睡眠中に改善しよう!という考え方なのですね。

 

化粧水・乳液・美容液・クリームの他に、なんとパックの機能まで含めたオールインワンというので、驚きました。

 

やはり、年齢と共に低下していくコラーゲン…。その働きを、6種類ものプレミアムナイトコラーゲンでサポートしてくれるのだそう。

 

この6種類の、プレミアムナイトコラーゲンのおかげで、ハリ肌を保てるらしく、期待できそうです。

 

20代の頃のような、内側から押し返してくるような、弾むハリ肌をまた手に入れられるかも!

 

植物由来のオイルも配合されているので、ごわつきなども気にならない、しっとりしたふっくらお肌も実現できそう。

 

植物由来ということで、お肌の負担も少なそうですね。

 

他にも、プロテオグリカン、ヒアルロン酸、セラミドなど、エイジングケアには欠かせない成分もしっかり配合されているところが素敵。

 

睡眠前に、手軽に、でも贅沢なスキンケアができるなんて!

 

私が今まで抱いていた、オールインワンのイメージを、良い意味で裏切ってくれそうです!

 

世田谷 シーク