世田谷シーク

MENU

38歳 30代後半は、今までと同じスキンケアではダメ

お風呂に入ったときに、湯船で温まりながら、親指を口の中に入れ、ほかの指で頬を挟みこむようにしてマッサージをすることです。
こうすると、老廃物がたまらないような気がします。

 

今までと同じケアをしていても、30代後半を過ぎると、途端に乾燥やくすみが気になり始めました。

 

また、徐々にお肌全体が重力に負けてくるようで、目尻やクマ、口元、あごのラインがたるんできているので、ただ保湿するだけのケアでは間に合わないな、と感じています。

 

徐々にシミも増えてきたり、目の下にくぼみができたり、鏡を見るたび、いったいどうしたらいいのだろう、とため息をついてしまいます。

 

ただ、年齢を重ねるにしたがってお肌が衰えてくるのは、生物として当然のなりゆきとも思え、ある程度開き直る覚悟も必要なのではないかと、最近考えるようになりました。

 

若返りのために、整形などの最終手段を使うことに多少の憧れも感じないではないですが、なるべく不自然なことは避けたい気持ちのほうが強いです。

 

自分がこれまで生きてきた証として、自信を持ってエイジングによる変化を受け入れつつ、できるだけのケアで、それがなだらかな変化であるように努力したいと思っています。

毎日のケアは手間なのでオールインワン

毎日のケアは、正直言ってかなりの手間です。

 

それに、鏡の前に長時間座って自分のエイジングサインを直視するのも、結構つらいことです。

 

また、ローションでの保湿だけでは物足りなくなってきているので、長くお肌の表面にとどまって、ケアし続けることができるアイテムが必要なのでは、と思い始めています。

 

そう考えると、オールインワンのメリットはとても大きいといえるでしょう。

 

若いときは、「オールインワンなんて手抜きだ」などと思って敬遠してきました。

 

でも、夜疲れ切って眠る前も、たったひとつのコスメでケアできるのですし、たいていのオールインワンコスメはジェル状で、長時間蒸発せずにお肌をカバーして潤いをキープしてくれるものが多いため、エイジングケアに最適なのでは、と思うようになってきました。

 

エイジングサインが出てくる年頃は、ちょうど仕事や子育てなど、人生の中で一番忙しいときかも知れません。

 

オールインワンコスメを上手に取り入れるのも、賢い選択なのでしょうね。

朝と夜では、必要なケアが違う

世田谷自然食品の「シーク」は、夜専用のオールインワンコスメということで、朝と夜では必要なケアが違うのではないか、と疑問を抱いていた私に、貴重な提案として心に届きました。

 

朝は、お肌のコンディションを整えながら、乾燥や紫外線などから守るためのケアが大事になります。

 

そして夜は、眠りについて3時間の成長ホルモンが活発化するという、お肌のゴールデンタイムを存分に生かすためのケアが美肌を保つために重要になります。

 

ですから、「夜用」と謳っているところに魅力を感じました。

 

またシークは、6種類のプレミアムコラーゲンや、43種の美容成分、3種の夜肌サポート成分、5種のナイトリッチオイルという、贅沢な配合なのに、オールインワンなので、化粧水や乳液、美容液、クリームなど、手間のかかるケアは必要ありません。

 

疲れきった夜も、これひとつで昼間のうちに受けたダメージを癒やして、ふっくらとした美肌をかなえてくれるなんて、エイジングに悩む女性には夢のようなコスメです。

 

今話題の保水力に優れたプロテオグリカンや、潤いを閉じ込めるパックコラーゲンが配合されているのも、乾燥が気になるナイトケアにピッタリですね。

 

世田谷 シーク